読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

自分は自分にしかなれない それは絶望であり希望

f:id:z888z:20161109122707j:plain

 

 

こんにちは。Zです。

 

今日は9時AMから小野さんとスカイプ

 

息子と娘を学校と保育園に送り、家で待ちます。

 

今日、娘は遠足で動物園に行くとのこと。

 

上の写真は息子が5歳のころに描いて

動物園のコンクールで金賞をとった作品。

 

動物の一匹一匹が、みんなノビノビと自分自身  笑

 

世界一好きな絵です。

 

 

さてスカイプ

 

 

今日はどんな感じでと聞かれたので、

先日の東京セミナーについて教えて下さい、と言うと

「イヤです」との返事。

 

爆笑していると、つらつらと話してくれました。

 

とは言っても

いつものブログの内容そのままであり、

昨年の名古屋セミナーそのままであり、

いつものスカイプやセッションそのままであり、

小野さんがずっと説いていることそのまんま。

 

自分自身であれ。

 

自分は自分にしかなれない。

 

いくら憧れようがいくら真似しようが、

自分は他の者には絶対になれない。

 

生まれてきた環境も背景も能力も、

性格も仕事も、好きなものも趣味もすべて違う。

 

一人として同じ人間はいないのに

人は何故か自分とは違う別の人間になろうとする。

 

そして苦しむ。

 

あの人のようになれない、

あの人のように生きられない自分。

 

しかしそれは逆に言えば希望である。

 

だって他の誰かになろうとする努力を

一切やめていいという事だから。

 

無駄なエネルギーを使う事、

不毛な努力を一切しなくていいという事だから。

 

自分の環境、能力、リソースのすべて、

持ちカードをすべて自分自身であることに使うなら

それはどれだけ希望の持てる話だろうか。

 

なのに、、、

 

世の99%の人々は建前で生きている。

 

自分ではない、他の何者かがつくった価値観の中で生かされている。

 

安全・安心・傷つかない生き方というメリット?と引き換えに。

 

自分にしかできない自分自身の生き方をしているのは残りの1%。

 

しかしここで注意したいのが、自分自身の生き方とは

世にあふれる

「あなたはあなたのままでいい」

「ありのままのあなたでいい」

という意見とはまったく似て非なること。むしろ真逆の物であるという事。

 

欲しいものも、理想の生き方もなく

無理せず楽に生きる自分。

 

そこそこに仕事して、そこそこに遊んで

好きなことをそこそこにするといった

ぬくぬくとした生き方とは

全く真逆の人生観。

 

ここで言う自分自身であれというのは 

自分にしかない自分だけの強み、

自分にしかできない社会貢献を極め、

オンリーワンでありナンバーワンの生き方をするということ。

 

それでこそ、人は輝きを放ち、命を燃焼させ、血湧き肉躍る高揚感がある。

 

「俺は生きている」と肚の底から叫びたくなる衝動がある。

 

では自分自身であるためには、どう生きればよいか。

本音で生きるにはどうすればよいか。

 

それは自己対話。

 

自分自身と対話すること。

 

小野さんがいつも自分に問いかけているのは

「それは果たして自分の本音だろうか?」という事。

 

少しでもモヤモヤがあるのなら、それは本音ではないということ。

 

またスティーブ・ジョブス

毎朝鏡に向かって行っていた自分への問いかけ、

 

「今日が最後の日であるならば、今からやろうとしている同じことをやるだろうか?」

 

答えがノーならばそれは本音ではないという事。

 

自分自身との対話。

 

それは日誌をつけることでもいい、瞑想をすることでもいい。

 

自然と対峙して深く思索にふけることでもいい。

 

自分自身との対話を通じて

真の自分の想いに意識を向けること。

 

これが本音で生きること、自分自身であることの方法。

 

本音は無意識の世界にある。

 

建前は意識の世界。

 

自分の本音に触れるには

静かに深く、

無意識の底の底まで

降りていかなくてはならない。

 

毎日毎日、自分との対話を続けた者が得る

唯一無二の宝。

 

それが

 

自分自身の人生。

 

本音の生き方。

 

そのための自分自身との対話。

 

これを一生続けていこうと思います。

 

 

あなたはあなた自身の人生を生きていますか?

 

他の何者かになろうとしていませんか?