読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

無意識にアクセスするために声なき声、音なき音に耳を傾ける 

 

おはようございます。Zです。

 

今日は6時出勤。

 

日課をこなすために、3時起き。

 

いつものようにアファメーション、夢ノート、瞑想から

このブログに向かっています。

 

5時起きから4時起きに

切り替えたときも感じたことですが

早く起きて瞑想すればするほど、

瞑想による静けさと深みが、より極まっていきます。

 

仏教詩人である坂村真民さんの

「わたしがもっとも生き甲斐を感じるのは

この静けさと混沌にみちた夜明け前である」

という内容の詩を思い出します。

 

さて現在、岐路に立っている自分。

 

人生の決断をすべき場所に来た自分。

 

決断とは決めて断つこと。

 

退路を。

 

退路を断ってこそ、前に進める。

 

前に進むために、退路を断つ。それが決断。

 

そして退路を断つためには、覚悟が必要。

 

決断する際には、最悪の事態も想定しなくてはいけない。

 

起こりうる、最悪の事態も想定し、

その事態を受け入れる覚悟と

そうなったときに取るべき行動を

決めて決断するのでなければ真のポジティブとは言えない。

 

なんとかなるさ、というのは本当のことだが

その決断に影響を受けるのは自分ひとりではない。

 

僕の今までの人生はすべて、やりたいことをやってきました。

 

今回の岐路は今までとは違う。

 

具体的にいうことが賢明だとは思えないので伏せますが、

今、自分が決断を下すためには、

ある条件が必要です。

 

そしてその条件は今、自分に備わっていない。

 

しかし、その条件は確かに今は備わっていないが、

先に決断をし、そのあとで条件を整える、

という手があるという考えに

今日の瞑想にてたどり着きました。

 

条件を整える期間は1か月。

整えると言うとマイルドな表現ですが

そこは全身全霊をこめてやらないと整わない。

 

逆にいえば、今までやらなかった全身全霊の行為を

逃げ道を断つことで、やらざるを得ないところに自分を追い込むこと。

 

先に決断をし、そしてその決断が成り立つように力を尽くす。

 

ここまで考えが至ったときに

若干心がスッと軽くなる感触がありました。

 

心がスッと軽くなる感触。

スッと鎮まり、行くべき道筋が見える感覚。

 

これこそハートビートの醍醐味。

直観に従うということ。

 

無意識の声を、宇宙の声を。本音の声を聴くということ。

 

少し、見えてきました。

 

須藤元気さんが「無意識はいつも君に語りかける」

と言ったように、いつも心を鎮め、声なき声、音なき音に

耳を傾けていきたいと思います。

 

本音で生きるために。

 

ワクワクする人生を歩むために。

 

それではまた!

 

今日も本音でワクワクする人生を。

 

ハートビート