読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

「やってやってやりまくる」ために基礎がため

f:id:z888z:20161122105520j:plain

f:id:z888z:20161122105500j:plain

 

おはようございます。Zです。

 

昨日は、「筑紫野生涯学習センター」の自習室で、ライティングの仕事ができるかどうかを確かめてきました。

 

結論からいうとバッチリ。

 

無料で、学習も仕事も可能。

開館時間は9時から21時50分まで。

パソコンも持ち込み可、電源確保もできる。

 

電源を使う場合には200円必要ですが、

半日以上滞在できることも考えると、

お得どころの話ではありません。

 

200円、、、凄いですね。

 

さすが市営です。

 

受付で初めてであることを伝えると、

おねえさんが利用方法を

説明してくれました。

 

建物の3階通路を真ん中に挟み

自習室が左右に分かれ

48席あります。

 

室内は室内だけど

オープンな室内といった感じ。

 

自分の好きな席を受付の座席表から選び、

座席札をとる。

 

電源コンセントを使用する場合には、200円はらって領収書をもらう。

 

この領収書を机の前において、

私は電源を利用する権利があります、

ということを表示するのだそう。

・・・ほー。

 

なんでも見回りの人が定期的にチェックに来るそうで、そのさいコンセントを使用している人がいれば、その領収書が料金支払いずみの証となる、と。

 

・・・なるほど。

 

でも昨日は11時ころから17時半までいましたが、そんなチェックあったかどうか。

別にいいですが、、

 

それに3階に上がってパソコンから

コンセントをつなげようとしたら

微妙に届かない・・・笑

 

隣に移動すると届くので

もう一度、1階までおりていき

隣に移動してもよいかと訊くと

受付のおねえさんは笑顔で

「申し訳ありませんでした。どうぞ移動してください」

と再度手続き。

 

こんなやりとりは、「いつものこと」のように、淡々としていました。

 

どんなルーティンなんでしょうか。

 

ん?とは思いましたが

ぜんぜんかまいません 笑

おねえさん笑顔だし。200円だし。

半日も使わせてもらえるし。

 

気を取り直して、3階に再度上がり

その日の目的であるライティングのための基礎作り、体制作りに取り組みます。

 

一言でいえば、自分用のマニュアルを完全に作ること。

 

それから自分用のスワイプファイルを作ることです。

 

セールスレター作成においては常識に近い

このスワイプファイルを使うということも

オウンドメディア記事作成においては

僕は使用したことがありませんでした。

 

つい最近、その考えに思いあたり

昨日、実行してみた次第。

 

使用したのはビーコンチームメンバーが作った

これは、と思う記事や、自分の過去の納品のなかで

納得できるものなどを印刷してファイルに。

 

それから、自分用マニュアルの作成。

ライティングのためのリサーチやペルソナ設定。

ペルソナの悩みや欲求を書き上げていくことや

商品やサービスの特徴とベネフィットをメモしていくこと、

そこからテーマを決め、そのテーマを伝えるために

材料をいかに並べかえ、目次をつくっていくこと。

 

さらに書く手順などを事細かに。

 

ひたすら、迷う時間や考える時間を減らすために

マニュアル化、スワイプファイル化に取り組みました

 

これによってスピードアップと安定した記事作りが

できると思います。

 

それにしてもオウンドメディア記事において

スワイプを使うという簡単なことに

なぜこの1年近く、思いいたらなかったのか。

 

やはり本気になるかどうかの違い、

今回自習室を見つけたことだってそうですね。

 

オウンドメディア記事においてスワイプを使うことだって

小野さんや日比野さんのブログを見てみるとかなり前から

同じことが書いてある。

 

やはり人間、本気になるかどうか。

 

本気になれば、今まで見えなかったものが見えてくる。

今まで聴こえなかったことが聞こえてくる。

 

本気。真剣。命がけ。

 

「かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ

大和魂」と詠んだのは吉田松陰

 

「本気、人生で一度はこいつをつかまなくては」

と詠んだのは坂村真民

 

「やってやってやりまくるんだ」

と唄ったのはブルーハーツ

 

やってやってやりまくる。

 

徹底的に。

 

本気で。

 

 

それではまた!

 

今日も本音でワクワクする人生を。

 

ハートビート