読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

「どSの宇宙さん」に背筋が震えた

 

 

 

おはようございます。

 

久しぶりに7時間寝て

愛のエネルギーがみなぎっている

ザイツタクヤです。

 

昨日は病院で診察の予約をした後、

急に本屋に行きたくなり

筑紫野イオンに直行。

 

近所に9時から開いている本屋がないので

イオンのTSUTAYAがあって助かります。

 

購入したのはこちらの3冊。

 

 

 

一昨日、斎藤一人さんの

「スピリチュアルは二割でいい」

という言葉を紹介したばかりなのに

結構な、どスピリチュアルの本を購入しています 笑

 

画像左の

「借金2000万円を抱えた僕にどSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」

 

これがまあ、どスピリチュアル 笑

 

「夢をかなえるゾウ」の実話版みたいな感じ。

 

やっぱりスピリチュアル好きなんですね。

でも、たいがいのものには惑わされない

この僕(ホントかな)のハートをがっちりつかんだこの本。

 

借金2000万円を抱えた僕にどSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」

の購入にいたるまでの経緯をざっと記しておきますね。

なんで釈明みたいになってるんでしょうか? 笑

 

まずタイトルのパッと見で

「どん底から這い上がったストーリー系」

であることが分かります。

マニアックにいえば

ゲイリー・ハルバートの伝説のコピー

「崖っぷち主婦ダイエット」系。

 

いつの時代も人を惹きつける

人生大逆転のストーリー。

 

そこに「どSの宇宙さん」ときて

「ナニコレ?」とひっぱる。

気になりますよね? 笑

どSですよ。宇宙さんですよ。

 

で、「超うまくいく口ぐせ」でシメる。

なんだろうな、って思うわけです。

借金2000万から立ち直った

「超うまくいく口ぐせ」って何?と。

 

その場でパラパラと立ち読みさせるには

充分のタイトル=キャッチコピーなわけです。

 

本のカバー内側には

 

「目に見えない世界が、

ちょっと気になりはじめた人が

読んで、笑って、ナットクの本。

しかも、実話。」

 

「目に見えない」でスピリチュアルなんやな、と。

「ちょっと気になり始めた人が」がうまいですね。

だってスピリチュアルが気にならない人は

この本を手に取らないと思うから。

何気なく手に取った本を見て

「あ、おれのことだ」と思わせる。

 

そして「読んで笑ってナットクの本。」

なんか楽しそうですよね。

納得と言う字もカタカナで

リズムとポップ感がある。

 

「しかも実話」で興味にとどめを刺す。

みんなホントの話が大好きですからね。

 

タイトルとたった4行コピーで本の概要を説明し、

興味と関心を惹きつけることに成功しています。

 

イラストもいいですね。

背景の黄色も明るくてワクワク感がある。

 

 

でも僕が一番スゲーと思ったのはこれです。

 

 

人生のどん底。

死んだ方ががラクかもしれないと

思い詰めたときに聞こえてきた声。

 

最後まで一読すればわかりますが

この声はこの本のテーマというか柱というか

著者のメッセージになっています。

 

興味と関心を惹くのに抜群のキャッチさと

著書を通して届けたいメッセージの融合。

 

読み終えて、軽く背筋が震えました。

 

肝心の内容ですが、それはまた明日以降に 笑

まだ一回しか読んでないので

(一回で充分やろって言わないで 笑)

もう少し肚に落とし込んで書きますね。

 

タイトルや4行コピーなど

仕掛けも秀逸ですが

内容はもっと響くものがあります。

 

読書家の方や、人生経験豊富な方には

この本で語っていることが真実であり

真理であることがわかると思います。

 

気になった人は、ぜひ書店で確かめてみて下さい。

人生変わるかも知れませんよ。

 

それではまた!

 

今日も本音でワクワクする人生を。

 

ハートビート