読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

どんな日でも良い一日にするための方法

 

朝からよめさんに、

今日は大きい公園に行こうよ、と。

 

「いいね」と地図を見ながら検討。

 

小学2年生の長男が、

昨年の秋ごろ、遠足で行った

「筑紫野総合公園」に決定。

 

花見もかねて、シートやお茶を用意し、

近所のスーパーで弁当を買い、現地へ。

 

到着すると想像以上に、

広く開放的で手入れの行き届いた

明るい空間で、敷地内に入った瞬間に

「これはあたり」だと、、、。

 

テンションが上がりながら、

まずは長い滑り台を目指して丘を登っていく。

 

滑り台、海賊船、その他遊具を楽しみ、

桜を見ながら景色が見渡せる場所でランチタイム。

 

食べ終わって急降下型の滑り台にも気づき、

子どもたちと一緒に滑る。

 

長男は数年前は慎重派だったのですが、

ここ最近は積極的に未知のものに挑戦する姿が見れて頼もしい限り。

 

逆に以前は怖いもの知らずだった5歳の妹は

最近は慎重な一面をみせる事が多くなりました。

 

子どもって短期間のうちに性格や嗜好が変わるもんだよな、と思います。

 

それでも二人とも急降下の滑り台を何度も楽しみご満悦。

 

大人も子どもたちも「また来たいね」と大満足。

 

ここ最近、大きい公園に遊びに来ることが多かったのですが

もう一回来たいと思ったのはこの公園が初めて。

 

明るく広く開放的で、人の手がしっかり入っていて清潔。

 

人の集まるスポットは良い気に満ちあふれ

また来たくなります。

 

それは公園でも店舗でも、人でもなんでも

すべて一緒ですね。

 

良い気を持つ存在には人が集まってくる。

 

 

公園をたっぷり満喫し、博多湯という銭湯へ。

 

銭湯ながらも二日市温泉という由緒正しい

源泉かけ流しの名湯。

 

久しぶりに来ましたが、やっぱりいいもんだな、と

暖まり、癒しの感覚を味わいました。

 

その後は図書館で本を借り、スーパーで買い物。

 

家でおやつ&読書タイム。

 

僕は為末大さんの著書を借りて読みました。

 

諦める力、だったかな。

 

真実をついている本です。

 

よりよく生きるために幻想を断ち切るための内容が

書かれています。

 

率直な語り口で、モノの本質をとらえていて

非常にオモシロく一気に読みました。

 

子どもたちは本に飽きると、

ホワイトボードに絵を描く遊びに熱中。

 

ジバニャンドラえもんなどを自由自在に描き

かなりの盛り上がり。

 

夕食はうどん。

 

実家から美味しそうな丸天をもらっていて

山芋、卵、ネギで食べる。

 

福岡の誇るソウルフード「牧のうどん」にも負けないクオリティ。

 

こちらもしっかり堪能しました。

 

 

今日は一日、家族とずっと一緒に過ごしました。

 

 

息子が「今日、いい一日やったね」と。

 

 

「ホントやね」と。

 

 

大切なものを心底大切にした一日は

 

 

いい一日になるようです。