読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

豊かな人生

 

常に冷静に落ち着いて

 

自信と誇りを持って仕事をしたい。

 

プロ中のプロフェッショナルとして。

 

 

そのための毎日の積み重ね。

 

毎日毎日毎日毎日

 

ひたすらひたすら精一杯積み重ねていく。

 

 

覚えておくべき大切なことは

 

 

成功とは旅である、ということ。

 

 

旅は目的地に着くことだけが醍醐味ではなく

計画をたて道中を楽しみ、人と触れ合い自然と触れ合い

さまざまな出来事を体験しながら、過程をすべてひっくるめて

楽しみ、味わうことがその本質。

 

 

成功も同じ。

 

 

どこかにたどり着くことだけが目的ではなく

毎日毎日、日々積み重ね、体験し楽しみ、味わうこと。

 

もちろんその旅路にはつらいこと、苦しいこと

思うようにいかないことがたくさんある。

 

 

でもそのすべてが成功。

 

 

 

そのすべてが旅。

 

 

 

そのすべてが人生。

 

 

そのすべてを楽しみ、味わいながら

歩き続ける人のみが

 

 

真の豊かさを享受することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい日々がはじまる

 

 

明日から新しい日々がはじまる。

 

 

徹底したよい口ぐせ。

 

 

徹底した感謝一念。

 

 

ツイてる ツイてる ツイてる ツイてる

 

ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう

 

 

徹底して徹底して徹底して

 

 

徹底しよう。

 

 

よい口ぐせと感謝一念。

 

 

徹底しつくして

 

 

新しい人生を切り拓いていこう。

 

 

ありがとうございます。

 

 

感謝しています。

 

 

 

息子は言った、、「今日はすごい旅だった」

 

雲ひとつない快晴。

 

朝7時、子供たちとパンを買いにコンビニへ。

 

普段は、僕もよめさんも

自家製甘酒とヨーグルトのブレンドが

朝食ですが休みの日はパン。

 

食パン6枚切り二斤と牛乳を買って

帰り道は遠回り、3人で歌いながら。

 

おかーをこーえーいこーよ くちーぶえーふきつーつー

 

ピザパンやサンドイッチ風や

イチゴジャムとバターのブレンドや

チーズマヨネーズパンや目玉焼きやウインナーをのせたりと

食パン祭りを力いっぱい楽しみます。

 

 

9時半に家を出発。

 

予定していた飛行機見学。

 

空港の近くに飛行機ウォッチングの穴場スポットがあるので

レジャーと仕事上で把握したいことを兼ねて

家族で福岡空港へ。

 

まずは、空港のターミナルビルに入って、

現状を確認。

 

福岡空港は半年ほど前から

元あった第一ターミナルビルを閉鎖し

残った第2、3ターミナルビルも名称を

旅客ターミナルビルと変え、

搭乗手続きのカウンターも場所が変わったということで

自分の目で確かめておきたいと思いました。

 

結局、各航空会社のチェックインカウンターは

すべてこの旅客ターミナルビルに集中しており

タクシー降車場所から入口に入ると

まず正面にピーチ航空のカウンターが正面に見え

右手にスカイマークのカウンターを右端にして

左側にずらっと各航空会社のチェックインカウンターが並んでいます。

 

昨日も実際に行ってみたり、

サイトで確認したりしましたが

今日は、僕が実際に中で確認している間、

よめさんに運転席にいてもらって

やっとこの目で確認し、納得しました。

 

で、案の定、警備員さんから

速やかに移動をお願いされたそうで

(一般車の降車専用場所なので駐停車禁止)

僕が戻ると車はありませんでした。

 

電話して戻ってきてもらい

「これで完璧にわかった」と感謝。

 

その後は、移動して飛行機見学の穴場に移動します。

 

空港国内線出口から博多駅方面に向かい、

空港口の信号の手前で左に入る

一方通行の道がその穴場スポット。

 

ここでもずらっと並んだ車の列、

飛行機見学や営業車やタクシーやトラックの

休憩の場所となっているよう。

 

僕らも一方通行の道の右側に車を寄せて

飛行機を間近で見学しました。

 

ANA、JAL、スカイマーク、韓国やどこかアジアの航空会社。

ジェットスタースターフライヤー、他いろいろ、、、、

次々と間近の上空を飛んでいきます。

 

子どもたちも

テンションが上がりっぱなしで

次はアナ、次はジャルと次々と予想を立て

盛り上がっていました。

 

その後は東平尾公園レベルファイブスタジアム

アクシオン博多、博多の森陸上競技場に車を走らせ見学。

 

レベルファイブスタジアムの駐車場に入ったとき、

公園内の駐車場から、たくさんの子どもづれ家族や

子どもたちの歓声の声から

どうやらこの公園は人気スポットのようだ、と。

 

ちょっと試しに30分だけと

行ってみるとこれが大はまり。

 

でっかいアスレチック施設が充実し

豊かな森はきれいに整備され、

超ロング滑り台や草スキーまであり

かなり充実ぶりのAランク公園。

 

 

30分のつもりが1時間を軽く超え、

またテントや弁当を持ってこよう、と車へ戻り

昼ごはんは、これまた昨晩から決めていた

空港近くの「天ぷらのひらお」へ。

 

天ぷらのひらおは、福岡のソウルフードの一つで

うまい!安い!早い!と三拍子そろった

超人気店。

 

先日も福岡人志で取り上げられたようで

人志松本さんも絶賛。

 

牧のうどんと並んで福岡を代表するソウルフードの一つです。

 

、、、が僕もよめさんも行った記憶がおぼろげで

今回はちょうどよい機会だと、行ってみることに。

 

 

で、現地に着くと超長蛇の列。

 

昼時、ど真ん中だったこともありますが

それにしても長蛇すぎる列

 

ご飯を食べるために列に並ぶことに

まったく意味を見いだせない僕は

0.02秒で店をスルー。

 

迷うことなく。

 

 

また今度にしようと。

 

 

昼は家に帰ってそうめん。

 

 

これがうまくてうますぎて。

 

 

これは大正解だったと。

 

 

昼寝して、再びおでかけ、筑紫野イオン。

 

本や雑用をこなし、夕飯はピソリーノへ。

 

イタリアンビュッフェを苦しくなるくらい

楽しみました、、、

 

 

小二の息子が「今日はすごい旅だったと」、、、

 

飛行機見て、公園行って、すごかった、、、と  笑

 

 

僕は言いました。

 

 

今日はたくさん遊んだな、と。

 

 

力いっぱい遊んで

 

 

たくさん食べて、

 

 

おもしろかったな、、と。

 

 

 

子どもたちは寝ました。

 

 

 

ぼくも寝ます。

 

 

 

明日からまた力いっぱい

 

 

はたらきます。

 

「人生すべてに渡って無敵の状態」、、〇〇の中へ行ってみませんか?

 

 

アメリカの心理学者ベン・スウィートランドは、こう言っています。

 

「成功する人は、成功は旅であると考え、失敗する人は、成功は到着地であると考える」

 

ドリームズカムトゥルーのボーカルの吉田美和さんはこう言いました。

 

「私の夢は一生歌い続けること」、、たしかこんな感じ、、

 

 

井上陽水さんは「夢の中へ行ってみたいと思いませんか」

歌いました。

 

 

成功が旅なら、道中もすべて人生の豊かな成功。

 

今この瞬間、成功の人生を歩き続けているということ。

 

 

「一生、歌い続けること」が夢であるならば

歌っている今はもうすでに夢がかなっているということ。

今、この瞬間、夢の中にいるということ。

 

 

「夢の中へ行ってみませんか」というのは

 

何か探しものをしているようですが

そんなに大切なものなんですか?と。

 

そんなことより夢の中で

無我夢中に生きてみませんか、、と。

 

探すのをやめたら見つかることはよくある話、、

ですよ、、と。

 

 

夢の中へ、

無我夢中で、

それこそ寝食を忘れて取り組み、、

 

 

苦しいもきついも楽しいもうれしいも何もなく

 

 

ただただ

ひたすらに没頭し、

ただただひたすら無我夢中のかなた、自己を超越した境地へ、、

 

夢の中 夢中

 

 

古今東西、成功者と呼ばれる

ほぼすべての人に共通する資質、

心的状態、通ってきたプロセス。

 

それが

 

「夢中」

 

 

「無我夢中」

 

 

 

夢中になるものを見つけたものの勝ち。

 

 

 

夢の中へ行ってみませんか?

 

 

 

 

 

91歳のばあちゃんと2か月の赤ちゃんを見て感謝一念

 

今日は91歳の祖母の見舞いへ。

 

先日、トイレに行く途中、

しりもちをついて太ももを骨折。

 

10日ほど前に手術して

そのまま入院しているとのこと。

 

僕も昨年末に入院していたのでわかりますが

見舞いはホントにありがたい。

 

わずか9日間でしたが

それでも毎日、家族が来てくれて

本当に助かったし、感謝しています。

 

だから、ばあちゃんの心が

少しでも軽くなるなら、と

行ってきました。

 

ばあちゃんと会うのは2年ぶり。

 

 

家族4人で大分県日田市の病院まで

高速に乗って1時間弱。

 

大宰府インターから大分方面へ

しばらく進み、山田サービスエリアというところで食事。

 

ここのちゃんぽんが絶品。

 

以前、3,4回きて食事をしていましたが、

ちゃんぽんは初めてでした。

 

このうまさは人に自信をもって勧められるレベル。

よめさんも同意。

 

日田インターを降り、サニーで

見舞いの花と、ひよこのゼリーと

あまおうのイチゴを買い込み

済生会病院へ。

 

教えられた病室に行くと、

ばあちゃんは寝てました。

 

声をかけようか、ためらっていると

目を覚まし、驚き、よく来てくれたと。

 

喜んでくれました。

 

ばあちゃんは昔からよくしゃべる人で

今日も、けがに至った経過やら、

いとこのことや病院のことやら

僕の家族や親兄弟、また昔、

孫たちがまだ小さかった頃の話を

ひたすら延々と。

 

僕ら孫たちが小さいころ

風呂に男の子5、6人ぎゅうぎゅうになって

入っていたころが夢のようだ、と言っていました。

 

30数年前の話です。

 

僕も「あー、そうだな」と思いました。

 

僕の子どもたちのことも可愛がってくれました。

 

最後にみんなで一人ずつ握手をして

ばあちゃんにパワーを与えました。

 

「ばあちゃん、また家でご飯作ってね」と。

 

来てよかった、と、よめさんと語りました。

 

 

病室に花だけは置いてきたものの

イチゴとゼリーは家の玄関にでも置いてきてくれ、と言われたので

家に向かうと、いとこのよめさんが在宅。

 

最近、男の子を出産したばかりで

今、生後2か月。

 

赤ちゃんを見ながら世間話。

 

ついさっき91歳の祖母と会ったあとに

生後2か月の赤ちゃんを見る不思議。

 

家を後にして次は父方の実家へ。

 

つい先日、2年ぶりに訪れましたが

家族は久しぶり。

 

アイスを食べジュースを飲み

静かな空間を楽しみました。

 

僕は30分ほど座敷で昼寝。

 

仏壇の前で寝たので、

じいちゃんばあちゃんの夢でも観ないかな、と思ったのですが、、、

 

起きて掃除して、仏壇にご挨拶をして家を後に。

 

また高速で大宰府に戻ります。

 

家に帰ると、両親からタケノコをもってきてもらい

また今日はお金がかかったやろ、ということで

お金をもらいました。

 

夜は牧のうどんへ。

 

かえりは家族4人で小学校、中学校の周りを散歩。

20分ほど遠回りをして帰宅。

 

通り一帯にずっと並んでいる

桜に似た木は何だろう、と言いながら

いいね、この木いいねと言いながら散歩。

 

帰って調べると、これが八重桜なんですね。

 

うちの近所の学校の周り、マンションの周りは

八重桜とつつじの花に囲まれて,とても豊かです。

 

名前がわかってまた、

これからも散歩が楽しみ。

 

 

今日は91歳の祖母を見舞い、

2か月の赤ちゃんを見て

先祖に参り、高速を使い、日田を日帰り往復し

夜は牧のうどんを食べ、家族4人で八重桜を観て

散歩をしながら帰ってきました。

 

 

人生は過ぎていく。

 

 

だから感謝一念で生きたいと思いました。

 

 

なぜなら、きっと僕も祖母と同じように

 

50年後はすぐ来る、と思うから。

 

 

たくさんいろんなことはあるだろう。

 

 

さまざまなことを経験し、

たくさんの人と出会い、別れ

毎日を生きていくだろう。

 

でもふと気づくと

50年はあっという間だった、と言うだろう。

 

 

だから毎日感謝して生きたい。

 

 

くだらないことに不平不満を言わず

どうでもいいことに不安になったりせず

 

 

人間らしく感謝一念で生きていきたい。

 

 

どんな日でも良い一日にするための方法

 

朝からよめさんに、

今日は大きい公園に行こうよ、と。

 

「いいね」と地図を見ながら検討。

 

小学2年生の長男が、

昨年の秋ごろ、遠足で行った

「筑紫野総合公園」に決定。

 

花見もかねて、シートやお茶を用意し、

近所のスーパーで弁当を買い、現地へ。

 

到着すると想像以上に、

広く開放的で手入れの行き届いた

明るい空間で、敷地内に入った瞬間に

「これはあたり」だと、、、。

 

テンションが上がりながら、

まずは長い滑り台を目指して丘を登っていく。

 

滑り台、海賊船、その他遊具を楽しみ、

桜を見ながら景色が見渡せる場所でランチタイム。

 

食べ終わって急降下型の滑り台にも気づき、

子どもたちと一緒に滑る。

 

長男は数年前は慎重派だったのですが、

ここ最近は積極的に未知のものに挑戦する姿が見れて頼もしい限り。

 

逆に以前は怖いもの知らずだった5歳の妹は

最近は慎重な一面をみせる事が多くなりました。

 

子どもって短期間のうちに性格や嗜好が変わるもんだよな、と思います。

 

それでも二人とも急降下の滑り台を何度も楽しみご満悦。

 

大人も子どもたちも「また来たいね」と大満足。

 

ここ最近、大きい公園に遊びに来ることが多かったのですが

もう一回来たいと思ったのはこの公園が初めて。

 

明るく広く開放的で、人の手がしっかり入っていて清潔。

 

人の集まるスポットは良い気に満ちあふれ

また来たくなります。

 

それは公園でも店舗でも、人でもなんでも

すべて一緒ですね。

 

良い気を持つ存在には人が集まってくる。

 

 

公園をたっぷり満喫し、博多湯という銭湯へ。

 

銭湯ながらも二日市温泉という由緒正しい

源泉かけ流しの名湯。

 

久しぶりに来ましたが、やっぱりいいもんだな、と

暖まり、癒しの感覚を味わいました。

 

その後は図書館で本を借り、スーパーで買い物。

 

家でおやつ&読書タイム。

 

僕は為末大さんの著書を借りて読みました。

 

諦める力、だったかな。

 

真実をついている本です。

 

よりよく生きるために幻想を断ち切るための内容が

書かれています。

 

率直な語り口で、モノの本質をとらえていて

非常にオモシロく一気に読みました。

 

子どもたちは本に飽きると、

ホワイトボードに絵を描く遊びに熱中。

 

ジバニャンドラえもんなどを自由自在に描き

かなりの盛り上がり。

 

夕食はうどん。

 

実家から美味しそうな丸天をもらっていて

山芋、卵、ネギで食べる。

 

福岡の誇るソウルフード「牧のうどん」にも負けないクオリティ。

 

こちらもしっかり堪能しました。

 

 

今日は一日、家族とずっと一緒に過ごしました。

 

 

息子が「今日、いい一日やったね」と。

 

 

「ホントやね」と。

 

 

大切なものを心底大切にした一日は

 

 

いい一日になるようです。

 

 

 

 

人生を変えるためにやるべきことはただ一つだけでいい

 

 

モノの見方は、その人の在り方とイコール。

 

 

モノの見方が人生を決める。

 

 

モノの見方がその人自身。

 

 

ありとあらゆる自己啓発成功哲学

思想、生き方を説く書にはそう書かれています。

 

 

中村天風、七つの習慣、ブッダの教え、ナポレオンヒル、、、、

 

 

あらゆる事象に固有の性質はない。

 

すべての出来事に良いも悪いもない。

 

ただそれを受け取り、感じ、解釈する人がいるだけ。

 

 

だからモノの見方を変えれば人生は変わる。

 

 

豊かな人生を望むのなら、豊かな方面から人生を見ろ、

 

明るい人生を望むなら、明るい方面から人生を見ろ、

 

楽しい人生を望むなら、楽しい方面から人生を見ろ、、、、

 

 

 

すべてはモノの見方で変わる。

 

 

 

ありふれた言葉です。

 

 

どこでも聞く言葉です。

 

 

ありふれすぎて、心に響かない人も多い言葉。

 

 

またそれか、、と。

 

 

ですが、

 

 

僕はこの言葉にもう一度真剣に向き合いたいと思います。

 

 

これは真実だと思うからです。

 

 

 

そのために

 

良い口ぐせを徹底する。

 

ツイてる ツイてる ツイてる ツイてる 

ツイてる ツイてる ツイてる ツイてる

 

ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう

ありがとう ありがとう ありがとう ありがとう

 

 

出会う人すべてに

「すべての良きことが雪崩のごとく起きます」、と唱える。

 

 

モノの見方を変えるために

よい口ぐせと人のしあわせを願うことを習慣化する。

 

 

喜びと感謝、そして愛の方面から人生見ること。

 

 

僕はこれをやっていきます。

 

 

モノの見方は、その人自身の在り方と同じ。

 

 

これが真実だと、思うからです。