読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

セルフイメージを高める最強の方法

 

こんにちは。Zです。

 

成功するためには、

「セルフイメージ」が大切

ということをよく耳にします。

 

そのため、

セルフイメージを高めるために

紹介されている様々な方法、、、

 

例えば、

目標をすでに叶えたのように振る舞い

それにふさわしい服装をするとか、

 

今の自分より高いステージの

レストランやバーなどに

入ってみるとか、

 

または自己暗示やアファメーションを使って、

潜在意識から変えていく方法など。

 

しかし、そのどれよりも、

強力で確実な方法があります。

 

今日はその方法、

セルフイメージを高めるために、

もっとも強力な方法について

記していきます。

 

セルフイメージを高める最強の方法

僕の師匠である、

小野貴正さんは

セールスライティングの世界で、

伝説的逸話を持っています。

 

セールスライティングの

セの字も知らない頃から一念発起。

 

凄まじい努力を重ね、

短期間のうちに、

ダイレクト出版という、

セールスライティングの猛者集団、

プロ中のプロ達を次々と打ち負かしてきました。

 

その伝説を皮切りに、

次々と活躍の場を広げ

現在では様々なビジネスを手がけ、

規模もどんどん大きくなっています。

 

そんな小野さんに、

ある時セミナーの受講者から

質問がありました。

 

「セールスライターには、次々と仕事が舞い込んでくる人と、そうでない人がいますが、そこにはどんな違いがあるのでしょうか?」

 

この質問に小野さんはこう答えました。

 

「売れるセールスライターには、

『よどみ』がないです。」

 

『よどみ』がないからクライアントに対して、

百パーセント相手のためを思っての提案ができます」

 

「クライアントはそんなセールスライターを信頼し、

仕事を依頼したいと思います」

 

「だから『よどみ』のないセールスライターには

仕事が絶えることがありません」

 

 

この「よどみ」という言葉を言い換えれば、

「邪念」「自信のなさ」、

「負い目」といったニュアンスでしょうか。

 

そういった「よどみ」のない

プロフェッショナルに対しては、

セールスライターに限らず

誰もが「この人に仕事を依頼したい」

と考えるのが自然です。

 

それではその「よどみ」のない

セールライターとなるために

どうすればよいのか?

 

小野さんは

「自分自身との約束を守ること」

と答えました。

 

セールスライターを志した当初から、

ライティング教材を使った学習や写経、

ビジュアライズや日誌、

ライティング、ブログの更新など、

プロとして結果を出すためのトレーニングを

一日も欠かさず積み重ねた日々。

 

平均睡眠3時間の日々を続けても、

自分自身との約束を守り、

ひたすら精進を重ね、

いつしか多くの人から

信頼される存在へ。

 

小野さんは

自分自身との約束を

守り続けることによって、

自己信頼を深め、

セルフイメージを高め、

よどみなきプロフェッショナルとして、

多くのクライアントから

信頼される存在となりました。

 

小野さんのブログはこちらから

beatthecontrol.jp

 

小野さんの盟友、

セルフイメージ先生こと小坂さんは

「セルフイメージがすべて」

とまで言い切っています。

 

世界第二位の営業記録をもつ人の言葉です。

 

 

そのセルフイメージを高めるには、

何より自分自身との約束を守り続けること。

 

これがすべて。

 

これ以外に方法はない。

 

これを肝に銘じ、

僕はもう一度チャレンジします。

 

二度と泥沼にはまらぬように。

 

必ず、心願を成就するために。

 

あとは行動あるのみ。