読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

しあわせとはあたたかさ

 
f:id:z888z:20161206042132j:image

 

おはようございます。Zです。

 

これからの季節、温泉や鍋が恋しいですね。

 

家族や仲間と一緒に体をあたためる。

 

それがシンプルに、「しあわせ」なんじゃないかと感じています。

 

 

昨日は仕事を終え、家族4人で温泉に。

 

温泉といっても、一人300円で入れる銭湯です。

 

家の近所に二日市温泉という、

九州では有名な温泉地があり

しかもその源泉かけ流しの湯に

銭湯感覚で入れるので

ここ最近、家族4人のお気に入りです。

 

温泉の成分は本格的で

建物の周辺には硫黄の匂いが立ち込め

たった300円で温泉気分が味わえます。

 

この二日市温泉「博多湯」を知って以来、

よめさんは、「2週間に一回くらいのペースで行きたいね」

と言っていましたが、今はほぼ1週間に1回ペースとなっています。

 

4歳の娘がアトピー気味の乾燥肌で、

体をかゆがることが多いので

それが通い始めたキッカケの一つでしたが、

最近、かゆさを訴えることもなくなり

肌もきれいになってきました。

 

よめさんも肌のツルツル感が全然ちがうと

博多湯を語るときはテンション高め。

 

僕は博多湯に入った後にずっと続く

あたたかさ、心と体の芯から効いている感覚が

好きでハマっています。

 

6歳の息子はもともと風呂好きで

スーパー銭湯でも楽しんでいましたが

僕やよめさんが「博多湯はいい。博多湯サイコー」

と言い続けているうちに

「やっぱり博多湯がいちばんやね」

と専門家のような顔をして

語るようになりました。

 

僕たち家族はもともと

よくスーパー銭湯に行っていましたが

この二日市温泉に出会ってからはここ一筋。

 

スーパー銭湯とは明らかに

体の温まり方が違います。

 

風呂から上がっての帰り道や

帰宅後も、しばらくは体が

ぽかぽかと温かく、他とはぜんぜんレベルが違うな、

と実感しています。

 

温泉のもつ本物の力。

 

古来から温泉は、人に娯楽や療養として

重宝され、愛されてきましたし、

有名な温泉地ではサルや他の動物が

くつろいでいる姿を見ることが出来ます。

 

人間も動物も本能的に温泉の持つ効果、

治癒力を知っているのでしょうね。

 

 

昨日の博多湯からの帰宅後は

豆乳鍋でさらに温まりました。

 

このしあわせ。

 

でもしあわせとは何だろう?

 

千人いれば千通りの答えがあると

思いますが、、

 

 

僕は「あたたかさ」だと答えます。

 

それは「感覚」

 

理屈でも条件でもなく、感覚。

 

「あたたかさ」を感じるということ。

 

これこそ、しあわせではないかと。

 

思うんですね。

 

いや感じます。

 

しあわせとはあたたかさ。

 

そんなことを感じた

温泉と鍋の一日でした。

 

それではまた!

 

今日も本音でワクワクする人生を。

 

ハートビート