読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

700ページの本を1年2ヶ月かけて写経

 

f:id:z888z:20161105052454j:image

 

「伝説のコピーライティング実践バイブル」

 

昨年の8月29日から始めたこの本の写経。

 

やっと今日終わりました。

 

本に、直接書き込んだ日付を見ると、

ところどころ、1ヶ月あいたり、3ヶ月あいたり。

 

700ページ強のこの本。写経に1年2ヶ月。

 

それでも、なんとか終えることが出来ました。

 

写経とは、本来、仏教用語で、

経典を書き写すことで心を鎮めたり、

教えを自分のものにするための修行の一つ。

 

ここから転じて、

コピーライティングの世界において、

手本となるような文を書き写すことで、

ライティングスキルを上げるためのトレーニングを

「写経」と呼ぶようになりました。

 

文の構成や言い回し、語彙やリズムなど、

売れたセールスレターを書き写すことにより

身体レベルでスキルを叩き込む、

まさに修行のようなトレーニング。

 

さて、1年2ヶ月かけて全ページ終えた感想ですが、、、

 

特にありません 笑

 

終わったか、という感じ。

 

あれこれ迷わず集中してやれば、

半年くらいで終わっただろうな、と。

 

改めて、やるべきことを淡々とやり続ける

「愚直さ」のようなものが、

今の自分には最も必要だと感じた次第。

 

というわけで明日から、

また1ページに戻ってやっていきます。

 

ひたすら淡々と、愚直に。

 

 

ちなみにこの本は、あの神田昌典さんが若き日に

必死の思いでアメリカから取り寄せた歴史的名著。

 

当時は翻訳もされておらず、ずっしりと重いバインダーで綴じられており、ページをめくるのも一苦労。

 

当時のレートで8万円近くしたこの本、

 

氏が「現代に蘇った魔術」とまで言い切るこの本を現在は書店で4800円で手に入れることができます。

 

ビーコンの小野さんも写経に一押しの

伝説のコピーライティング実践バイブル

 

2回目の写経に淡々と取り組んでいく所存とは

言いましたが、、、

 

今の心の内は、静かな喜びとやる気に満ちています。