読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HEART BEAT

今日も本音でワクワクする人生を! 今日一日を最高に生きる

死んでもらいます 

 

f:id:z888z:20161130181358j:plain

 

 

こんにちは。ザイツタクヤです。

 

今日は入院4日目。

 

昨晩は二日間の絶食から

至福の流動食ディナー。

 

点滴や輸血からも解放され

水を得た魚のように

病院内を動き回っています。

 

夜は5階レストランラウンジから

夜景を観つつ「生くる」の読書。

 

f:id:z888z:20161130201039j:plain

 

 

今朝は「生くる」の写経。

 

f:id:z888z:20161201083437j:plain

 

 

ベッドに戻ってからはひたすら

「生くる」についての瞑想。

 

「生くる」三昧。

 

そして朝の流動食後は

極上デザート。

 

プリンを喰らう!

 

f:id:z888z:20161201101420j:plain

 

そしてっ

 

アメも喰らう!(ホントは反則)

 

f:id:z888z:20161201101512j:plain

 

二日間絶食の反動は

まだまだこんなもんじゃありません。

 

z888z.hateblo.jp

 

どうでしょう?

 

これを世間では「リア充」というのでしょうか?

 

ちがいますか? 笑

 

 

昨晩は面会に来てくれたよめさんに、

大切な話があったんですが、子どもたちから

 

「あ、おとうさん、もう歩けると!?」

との声にテンションが上がり

 

「よっしゃ探検や!」と

院内の1階から5階まで案内し

 

「ここが売店、ここがレストラン、ここが休憩所」

f:id:z888z:20161201144655j:plain

 

f:id:z888z:20161201144644j:plain

f:id:z888z:20161201144631j:plain

 

楽しくもなんともないはずですが

子どもにとっては「おーすげー」と

キラキラした目。

 

僕もあらためて

「子どもって探検が好きなんだよなあ」と。

 

でも大人もそれは変わらないはず。

 

萎縮したり、元気をなくしていたり、

生きる意味がわからなくなっている人は

未知へのワクワク

探検や冒険へのワクワクを

思い出してほしい、と思います。

 

もちろんそんな簡単にいくわけではない。

 

でもほんの少しでいいから、

今までと違った行動をしてみる。

少し違う服を着てみる。

いつもは関わらない人に声をかけてみる。

 

それだけでも充分冒険。

 

ほんの小さなことでも積み重ねていくこと。

 

本音で生きる。ワクワクに生きる。

 

「本音とワクワク」という自分の中の

声なき声に耳を傾ける。

 

これだけで人生は、まったく違ったものになる。

 

僕はそう確信しています。

 

 

病院の冒険にハシャぐ子どもたちを

案内するうちに、よめさんへの大切な要件を

忘れてしまいました。

 

明日、よめさんは仕事休みのため

午前中に来る、と。

 

じゃあその時に話そう、、というより

言いたいことは全部ブログに書いとるけん

それを見といて欲しい、、と。

 

こんなブログの使い方もあるんですね 笑

 

z888z.hateblo.jp

 

この大切な話というのを要約すると

 

「自分の本音は小野貴正さんの

『自分という器クラス』に参加することで、

人間の厚みと深みを増し

一歩でも本物に近づきたい。

人間としての器を広げたい。

そして人に良い影響を与えられるような

存在となりたい。これが俺の本音だ。

しかしこれを実現させようと思ったら

金銭的な面から、今回の入院の件もあるし、

自分の思うがままに突き進むことはできない。

そこは君(よめさん)の協力がいる。

言いたいことはたくさんあるかも知れんが

ここは俺の可能性にすべて賭けてほしい」

ということです。

 

そして今朝、9時過ぎくらいに

娘を連れてきたよめさん。

 

今日、娘は保育園とばかり思っていたのですが、

園で目の病気が流行っているらしく

それをもらった模様。

 

僕の見舞いの後に病院に連れていくつもりと

いうことでした。

 

「おとうさん、キャラメルいる?」

 

「おーありがとう」

 

ホントはまだダメなんですけど 笑

 

アメもプリンも食べてるし、、

 

結局4個も食べました 笑

 

なんか食べ物の話ばかりで脱線しますね 笑

 

で、よめさんとの話。

 

よめさんによれば

 

「私はブログに書いてあるとおり

自分の思った通り、思い切りやってみてほしい」と。

 

「確かに入院は予想外やったけど

最初に言った通り、私は『自分という器クラス』

に参加しないのなら会社を辞める意味がないと思う。」

 

「『自分という器クラス』へのもろもろの費用を

入院費に当てたり、ライティング生活が

軌道にのるまでの保険にするというのは

なんか違うと思う。

どうせやるんだったら、中途半端ではなく

全部思い切って可能性に賭けた方が絶対いい。」

 

「今回の入院の後も私は最初から

そのつもりで変わらなかった。

だからそんなイモ引き発言(超訳

をされて逆にとまどった。

覚悟を決めていたのにあれっ?と。

ハシゴを外された感じ」

 

「どうせやるんなら思い切って全部自分の可能性に賭けた方がいい」

 

さすが、我がよめ。

 

ありがとう。

 

もう迷いません。

 

本音で生きる。

 

そして死んでもらいます。

 

建前に。

 

ぐだぐだ言っている僕に。

 

 

それではまた!

 

今日も本音でワクワクする人生を。

 

ハートビート